【ポケモン危機一髪!】ギガイアス軸中速トリパ【構築】

f:id:nokulog:20170708153606j:plain

出典:https://3ds.pokemon-gl.com/

 

まえがき

こんにちは、Nokuroです!
7月29〜31日に行われた、弱点を5つ以上持つポケモンのみが使用できる大会『ポケモン危機一髪!』で使用した構築について書いてみました。よかったら見ていってください!
 
それではどうぞ
 

使用構築

f:id:nokulog:20170731070630p:plain

出典:https://3ds.pokemon-gl.com/

 
いわ技の通りがよく、高速アタッカーであるプテラテラキオンルガルガンの使用率が高くなることを予想。いわなだれによる怯み事故のリスクを減らすためにもこれらのポケモンを対策する必要があると感じた。 
様々な対策法があるが、今回はテッカニンを選択。このポケモンは素早さが高く、相手のHP次第ではあるが上からいのちがけで縛ることもできる。先制技に弱いのが難点だが、先制技を無効化できるハギギシリを横に並べることでごまかしている。
全体としては中速寄りのトリックルームパーティで、ギガイアスを中心に高火力で押し切るのがコンセプト。残りの枠にはギガイアスと相性がよく、火力が高いシャンデラカプ・ブルル、サポートができるトゲキッスを選んだ。
 

個別解説

f:id:nokulog:20170731064907p:plain

テッカニン@オッカのみ
168-123-65-*-70-220
特性:かそく
技:まもる/いのちがけ/きゅうけつ/つばめがえし
調整
H:全振り
A:167-100キノガッサをつばめがえしで確定1発
S:S1↑で砂下準速ルガルガン(ひるのすがた)抜き
 
初手にハギギシリと並べて選出。
いのちがけでプテラなどの高速アタッカーを削るのが仕事。HP169以上プテラは少ないが、テラキオンはHPに振っている可能性もあるため立ち回りでカバーする必要がある。
先制技が多い環境なのでテッカニンを選出するとハギギシリも同時に選出せざるを得ないことが多く、選出の幅がかなり狭くなるのが難点。
 

f:id:nokulog:20170731065008p:plain

ハギギシリ@ナモのみ
175-126-90-*-134-87
特性:ビビッドボディ
調整
H:16n-1
A:アクアジェットで191-152ギガイアスに19.8%〜25.1のダメージ
S:最遅(無補正無振り70族-3)
 
トリックルーム始動役その1。
先制技を無効化する特性はテッカニンと相性がよく、トリックルームを使った後エルフーンのアンコールを気にしなくていいのが便利。同様の特性を持つアマージョと違い、テッカニンと弱点が被っていない点も見逃せない。
味方のギガイアスアクアジェットで攻撃して、じゃくてんほけんを発動させることもできる。
実際には遭遇しなかったが、サイコファングで壁を壊すこともできて意外と器用。
持ち物は主にマニューラを意識してナモのみを持たせた。
 

f:id:nokulog:20170731064903p:plain

191-205-152–*-100-27
特性:すなおこし
技:まもる/ワイドガード/いわなだれ/ヘビーボンバー
調整
H:16n-1
A:全振り
B:A181テラキオンインファイト最高乱数以外耐え
S:最遅
 
トリルアタッカー。
このルールでギガイアスを確定で倒すことができるポケモンは少なく、かつ弱点を突かれやすいため、じゃくてんほけんの発動機会は多い。トリル下でじゃくてんほけんが発動した場合の火力は凄まじく、等倍でも大ダメージを与えることができる。
特性のすなおこしは、自身の耐久を上げたり素早さ関係を判断するのに便利。
 

f:id:nokulog:20170611151536p:plain

シャンデラ@カシブのみ
159-*-110-198-110-126
特性:すりぬけ
調整
H:16n-1
C:11n
 かえんほうしゃで177-115カプ・ブルル乱数1発 (93.8%)
S:最速バンギラス+2(準速70族+4)
 
アタッカー&トリックルーム始動役その2。
トリル始動よりもアタッカーとしての運用がメインで、火力に多く努力値を振っている。ギガイアスが苦手とする高耐久のくさタイプに強い。
ねっぷうではなくかえんほうしゃなのは、命中率とワイドガードを考慮したため。
特性のすりぬけは、みがわり持ちのカプ・ブルルエルフーン意識。
 

f:id:nokulog:20170731064932p:plain

カプ・ブルル@ヤチェのみ
175-176-152-*-116-103
特性:グラスメイカー
調整
H:16n-1
A:11n
 フィールド下202-178ヤドランをウッドハンマーで確定1発
B:A181テラキオンのどくづき確定耐え
D:C216シャンデラのダブルダメージねっぷう最高乱数以外耐え
S:無振り80族+3
 
アタッカー枠。
フィールドによる高火力で、多くのいわタイプやみずタイプ、低耐久のポケモンを確1にできる。
HPを16n-1にしている理由は、砂ダメージとフィールド回復の処理順を考慮したため。回復順で素早さの判定も可能。
防御に多めに振って、構築全体に一貫しているいわ技を受ける役割を持たせている。
 

f:id:nokulog:20170731064912p:plain

トゲキッス@ヨロギのみ
161-*-115-172-135-145
特性:きょううん
調整
H:余り
C:全振り
S:最速
 
サポート要員&スイーパー。
ギガイアスをサポートしたり、トリックルーム中に削り切れなかったポケモンを倒すのが仕事。上の5体で重いジャラランガにも強い。
非トリル下でより多くのポケモンの上を取れるよう最速にしたが、素早さを落として耐久に振ってもよかったかもしれない。
エアスラッシュよりもマジカルシャインの方が使用率が高いので、特性はきょううんを選択。エアスラッシュで止めたいという場面もあったが、急所に当てて無理やり突破したこともあったため一長一短だと思う。
 

選出

基本的な選出は2パターン。相手のパーティに合わせて選出を変える。
 
 

先発: f:id:nokulog:20170731064907p:plainf:id:nokulog:20170731065008p:plain

後発: f:id:nokulog:20170731064903p:plainf:id:nokulog:20170731064932p:plainf:id:nokulog:20170611151536p:plainf:id:nokulog:20170731064912p:plain から選択
 
いのちがけをしながらトリックルームを展開。ギガイアスを中心とした高火力ポケモンで押し切る形。
いわなだれが一貫しているパーティには滅法強いが、ギガイアス&後発のポケモンの実質2体で戦うことになるのが難点。
また、テッカニンのいのちがけで落とせない場合もあるので、テラキオン入りのパーティには立ち回りが厳しくなる。
 
 
2.対トリックルームパーティ、中速寄りの構築
 

f:id:nokulog:20170731064903p:plainf:id:nokulog:20170731064932p:plainf:id:nokulog:20170611151536p:plainf:id:nokulog:20170731064912p:plain から選択

 
高火力の3体&サポートのトゲキッスで押し切る形。
カプ・ブルルシャンデラトゲキッスの3体は素早さにもある程度振っているためミラーでは大体上を取ることができる。トリックルームは積極的に使用せず、トリックルームを貼られたらギガイアスを中心に立ち回る。全てのポケモンにまもるを入れているので、トリルターンの調整は比較的容易。
相手のギガイアスドサイドンが辛いので、抜群を取れるカプ・ブルルを大切に立ち回る。
 

あとがき

相手のいわなだれで怯まず、いかに相手を怯ませるかというゲームになると予想していましたが、まさにその通りでした。

はじめは私もプテラを使用していましたが、同速ゲーが頻発するためこれをメタる形に。 おかげでプテラ入りのパーティにはまあまあ勝てましたが、汎用性が低くなってしまいました。また、テッカニンのいのちがけはHPを振るだけで簡単に対策されるので、その辺りの怪しさも結果に出てきたのではないかと感じています。

結果には満足していませんが、テッカニンハギギシリといったこれまで注目していなかったポケモンを考察できて楽しかったです。また面白そうなルールの大会があったら積極的に参加していきたいと思います。 

 

何か質問等ございましたらTwitter@nokuro_pole)もしくは、コメント欄まで気軽にどうぞ。

 

参考サイト

Pokémon Global Link:https://3ds.pokemon-gl.com/

ポケモン対戦考察まとめWikihttp://pokemon-wiki.net/

ポケモントレーナー天国:https://pokemon-trainer.net/

【ポケモン危機一髪!】 使用できるポケモン一覧(素早さ順)

まえがき

f:id:nokulog:20170708153606j:plain

出典:https://3ds.pokemon-gl.com/

先日、インターネット大会『ポケモン危機一髪!』の開催が発表されました。

弱点を5つ以上持つポケモンのみが使用できるダブルバトルで、抜群半減きのみと弱点保険しか持たせられないのが特徴。

持ち物にも制限がかかっているため、普段のルール以上に素早さ順が重要になってきます。そこで今回は、『ポケモン危機一髪!』で使用できるポケモンを素早さ順にまとめてみました。

構築を組む際の参考になると幸いです。

 

それではどうぞ

 

使用できるポケモン(最終進化のみ)

種族値 ポケモン
160 テッカニン
130 プテラ
125 マニューラ
124 アブリボン
122 ゲッコウガ
120 ジュカイン メテノ(コア)
118 ルチャブル
116 エルフーン
115 スターミー
114 ココロモリ
113 ジャローダ
112 ルガルガン(まひるのすがた)
110 ワタッコ ラティアス ラティオス ユキメノコ アーケオス
108 テラキオン ビリジオン
105 ストライク
104 マフォクシー
101 ヤナッキー
99 パンプジン(ちいさいサイズ)
98 サザンドラ
97 シンボラー
95 ルージュラ ネイティオ サメハダー メガヤンマ リーフィア メブキジカ
93 オドリドリ(ふらふらスタイル) オドリドリ(まいまいスタイル)
92 ハハコモリ ワルビアル ハギギシリ
90 ドレディア
89 ビビヨン
85 レディアン チェリム ジャラランガ
84 パンプジン(ふつうのサイズ)
82 ルガルガン(まよなかのすがた)
80 メガニウム ダーテング アメモース フワライド トゲキッス マンムー シャンデラ
75 ネンドール カプ・ブルル
72 アマージョ
71 ガチゴラス
70 バタフリー ニョロボン イワーク キノガッサ ルナトーン ソルロック ジュナイパー
69 パンプジン(おおきいサイズ)
68 ゴーゴート
66 ガーメイル
65 アゲハント
64 ブリガロン
61 バンギラス
60 ユキノオー マラカッチ メテノ(りゅうせいのすがた)
58 ラムパルド アマルルガ
56 オーロット
55 ナッシー ノクタス シザリガー ゴルーグ
54 パンプジン(とくだいサイズ)
51 トロピウス
50 キレイハナ レジロック モジャンボ
46 マスキッパ
45 ゴローニャ ナッシー(アローラのすがた) ガラガラ(アローラのすがた) ラランテス
43 ケケンカニ アクジキング
40 ヌケニン ビークイン ドサイドン ダダリン
36 ミノマダム(くさきのミノ)
35 シロデスナ
30 パラセクト ヤドラン ウソッキー キマワリ ヤドキング マシェード
25 ギガイアス

 

あとがき

構築を組む際は、抜群を取りやすい水タイプ、氷タイプ、一貫を作りやすい岩タイプを意識するのがいいのではないかと思います。

持ち物が半減きのみと弱点保険だけということで、どのポケモンにどのアイテムを持たせるのかの判断が難しいです。持ち物被りには注意したいですね。

ルールが発表されてからまだ時間が立っていないので、今後環境がどのように変化していくのか気になります。

 

何かございましたらTwitter@nokuro_pole)もしくは、コメント欄までお願いします。

大会情報

エントリー期間:2017年7月20日(木)14:00~28日(金)8:59
開催期間:2017年7月28日(金)9:00~31日(月)8:59
エントリーはこちらから:https://3ds.pokemon-gl.com/ 

参考サイト

Pokémon Global Link:https://3ds.pokemon-gl.com/

ポケモン対戦考察まとめWikihttp://pokemon-wiki.net/

ポケモン徹底攻略:https://yakkun.com/

 

【プリティプリマ 構築】オドリボン・コータススイッチ

まえがき

f:id:nokulog:20170611145856j:plain

出典:https://3ds.pokemon-gl.com/

こんにちは。Nokuroです。
今回も前回に引き続きプリティプリマについての記事となります。
このパーティを組むにあたり注意したこと、考えたことを書いてみました。
どうか最後までお付き合いください。

 

それではどうぞ。

 

使用構築

f:id:nokulog:20170626010633p:plain

出典:https://3ds.pokemon-gl.com/

このルールで最も強いと個人的に考えているコータスを軸に、VGC17ルールでも有名なドレディアコータスオドリドリフェローチェオドリドリの組み合わせを参考に作成した。
はじめはキレイハナで回していたが、素の素早さが低く、ようりょくそを発動させてもメジャーなポケモンのスカーフで上を取られてしまう点が弱いと感じたため、採用には至らなかった。そこで、今回は初手からオドリドリと並べられて素早さも高いアブリボンを選択。
残りの枠には、オドリドリと横の相性がいいドリュウズ、ほのお技を受けることができるマリルリトリックルームが使えて器用に立ち回れるミミッキュを入れた。

 

個別解説

f:id:nokulog:20170626001703p:plain

オドリドリ(ぱちぱちスタイル)@ヒコウZ

151-*-90-150-90-159

特性:おどりこ

技:まもる / おいかぜ / ぼうふう / めざめるダンス

主な役割対象:カミツルギマリルリトリトドンモロバレルルチャブル

 

先発で選出するポケモン
横はアブリボンドリュウズのうち、相手のパーティにより刺さっている方を選出する。
アブリボンちょうのまい+おどりこで火力をあげてから攻撃したり、ドリュウズのじめん技と合わせて幅広い相手に対応することができる。
コータスが苦手とするみずタイプのポケモンドリュウズが苦手とするカミツルギに強い。

 

<攻撃>

C1↑ぼうふうZ:218-102 トリトドン→確定1発 105%~124.3%

C1↑めざめるダンス:207-100 マリルリ→確定1発 111.1%~131.4%

めざめるダンス:153-83 ルチャブル→確定1発 121.5%~142.4%

<防御>

(D1↑)もくたんC150コータスのダブルダメージふんか→確定2発 84.1%~99.3%

(晴れ)A112 A6↑ちからもちマリルリアクアジェット→確定2発 73.5%~87.4%

 

f:id:nokulog:20170626001707p:plain

アブリボンきあいのタスキ

135-*-81-147-90-193

特性:りんぷん

技:まもる / ちょうのまい / エナジーボール / めざめるパワー(ほのお)

主な役割対象:カミツルギマリルリトリトドン

 

オドリドリと合わせて初手に選出するポケモン
ドリュウズで対応できないコータス+ようりょくそに対して選出する。
オドリドリの火力、耐久、素早さを強化したり、めざめるパワーでカミツルギを縛ることができる点が強みだが、選出を誤ると置物と化すので注意が必要。
特性はスイートベールとで最後まで迷ったが、怯みによる事故を減らすためりんぷんを選択した。

 

<攻撃>

C1↑エナジーボール:218-102 トリトドン→確定1発 133.9%~159.6%

C1↑エナジーボール:207-100 マリルリ→確定2発 72.4%~85.9%

めざめるパワー:134-51 カミツルギ→確定1発 197%~232.8%

 

f:id:nokulog:20170611151619p:plain

ミミッキュ@メンタルハーブ

161-130-125-*-125-116

特性:ばけのかわ

技:トリックルーム / つるぎのまい / かげうち / じゃれつく

主な役割対象:ポリゴン2トリトドンブラッキー

 

トリックルーム始動要員。
つるぎのまいを採用することで、高耐久・低火力のポケモンに役割を持たせている。
かげうちは先発のポケモンで削りきれなかった場合に使用。
ちょうはつを受けやすいポケモンなので、メンタルハーブが活きる場面は多い。

 

<攻撃>

A4↑じゃれつく:192-110 しんかのきせきポリゴン2→確定2発 62.5%~73.9%

A2↑じゃれつく:218-88 トリトドン→確定2発 51.3%~60.5%

A2↑じゃれつく:202-130 ブラッキー→確定1発 100.9%~119.8%

<防御>

A187 ドリュウズアイアンヘッド→乱数1発 (6.3%) 83.2%~100.6%

A187 ドリュウズのダブルダメージじしん→確定3発 39.1%~46.5%

A172 ベトベトン(アローラ)のどくづき→確定3発 39.1%~46.5%

 

f:id:nokulog:20170611151047p:plain

コータス@ぼうじんゴーグル

159-*-160-139-119-40

特性:ひでり

技:まもる / だいちのちから / かえんほうしゃ / ふんか

主な役割対象:モロバレルナットレイシュバルゴ

 

トリル下のエースポケモン
ほのお技の通りがいいルールだが、それゆえメタられまくっているポケモンなので慎重に扱う必要がある。
ぼうじんゴーグルはキノコのほうしやねむりごな、いかりのこなを無視して攻撃するため。火力アップアイテムをもたせた方がいいような気もするが、このアイテムのおかげで拾えた試合もそこそこあったのでこれで正解な気がする。
個人的にコータスはD方面に努力値を厚く振るほうが、安定性が増して使いやすいと感じた。
Sに下降補正をかけていないのは、トリル展開をしない場合でも選出したい場面が多々あったため。

 

<攻撃>

(晴れ)ダブルダメージふんか:221-100 オッカのみモロバレル→60.1%~71%

(晴れ)ダブルダメージふんか:177-90 コータス→確定3発 40.6%~48.5%

(晴れ)かえんほうしゃ:221-100 オッカのみモロバレル→48.8%~57.4%

だいちのちから:177-90 コータス→確定2発 59.8%~71.1% 

<防御>

C158 トリトドンのだいちのちから→乱数1発 (6.3%) 84.2%~101.8%

(晴れ)A110 マリルリたきのぼり→確定3発 38.9%~46.5%

 

f:id:nokulog:20170626001716p:plain

マリルリ@とつげきチョッキ

201-110-100-*-109-70

特性:ちからもち

技 :アクアジェット / たきのぼり / はたきおとす / ばかぢから

主な役割対象:シャンデラコータスドリュウズ

 

後発で選出し、ほのお技を受けるポケモン
相手のコータストリパに対して、コータスとともに選出することが多い。コータスの技構成は基本的に、ふんか、ほのお技、(だいちのちからorソーラビーム)、まもるなので、マリルリコータスのどちらかで止めることができると考えていた。
持ち物はオボンのみとで迷ったが、特殊技を受ける機会の方が多いことから、とつげきチョッキを選択。
ばかぢからは、相手のドリュウズトリトドンの並びでよびみずを無視して、ドリュウズを落とすため。

 

<攻撃>

たきのぼり:167-110 シャンデラ→確定1発 108.9%~129.3%

たきのぼり:185-80 ドリュウズ→確定1発 134%~158.9%

(晴れ)たきのぼり:177-160 コータス→確定3発 35%~41.8%

はたきおとす:167-110 シャンデラ→乱数1発 (25%) 87.4%~104.1%

アクアジェット:167-110 シャンデラ→確定2発 55%~65.8%

ばかぢから:185-80 ドリュウズ→確定1発 134%~158.9%

<防御>

C187 てきおうりょくポリゴンZはかいこうせんZ→乱数1発 (6.3%) 85.5%~101.4%

C216 シャンデラシャドーボール→乱数3発 (29.8%) 29.8%~35.8%

A187 命の珠ドリュウズアイアンヘッド→確定2発 53.4%~63.7%

A187 ドリュウズアイアンヘッド→確定3発 41.1%~49%

 

f:id:nokulog:20170611151419p:plain

ドリュウズこだわりスカーフ

185-187-81-*-85-154(231)

特性:かたやぶり

技:じしん / ドリルライナー / いわなだれ / アイアンヘッド

主な役割対象:ドリュウズコータスシャンデラライチュウミミッキュベトベトン

 

オドリドリと一緒に先発で選出することが多いポケモン
ひこう+じめんの技の通りは大変よく、スカーフじしんとぼうふうZをしているだけでも強い。
特性のかたやぶりは、ばけのかわやふゆうを意識。
道具は、同族対決が多いポケモンなので、ミラーを意識してこだわりスカーフを持たせた。

 

<攻撃>

ダブルダメージじしん:212-95 ベトベトン(アローラ)→確定2発 79.2%~93.3%

ダブルダメージじしん:177-160 コータス→確定2発 57.6%~67.7%

ダブルダメージじしん:167-110 シャンデラ→乱数1発 (12.5%) 86.2%~101.7%

ドリルライナー:212-95 ベトベトン(アローラ)→乱数1発 (6.3%) 84.9%~100%

ドリルライナー:177-160 コータス→確定2発 61%~72.3%

ドリルライナー:167-110 シャンデラ→乱数1発 (56.3%) 91%~108.9%

アイアンヘッド:162-100 ミミッキュ→確定1発 103.7%~123.4%

<防御>

A112 ちからもちマリルリアクアジェット→確定2発 68.1%~81%

(晴れ)A112 ちからもちマリルリアクアジェット→確定3発 33.5%~40%

(晴れ)A112 ちからもちマリルリたきのぼり→確定2発 65.9%~78.9%

 

基本選出

①:オドリドリアブリボン 

f:id:nokulog:20170626001703p:plainf:id:nokulog:20170626001707p:plain

飛行技の通りが良いとき。
相手のはがね枠がカミツルギの場合は、選出の優先度は高くなる。
基本的にアブリボンちょうのまいオドリドリは攻撃技を選択する。オドリドリは素の火力は心もとないが積むことができれば十分な火力は出る。
有名なコンボなので、先制技+スカーフによる攻撃でアブリボンちょうのまいを使う前に落とされてしまうことも多々あった。

 

②:オドリドリドリュウズ

f:id:nokulog:20170626001703p:plainf:id:nokulog:20170611151419p:plain

幅広く対応したいとき、ひこう技の通りが良くない場合。
基本的にオドリドリはぼうふうZもしくはめざめるダンスドリュウズはじしんを選択する。高耐久のポケモン以外はほぼ処理できる点が強み。
パーティにフェアリーが3体とはがねタイプを誘いやすいので、相手の初手にドリュウズが出てきがち。その場合は味方のドリュウズが落とされた場合のリスクを減らしながら動かす。

 

先発は9割この2パターンで、相手のパーティをみて選出。後発は相性補完を考えて選択する。

 

あとがき

オドリドリは環境にかなり刺さっていたポケモンで、選んで正解だったと思います。一方、ぼうふうの命中率に悩まされる場面も多く、精神的な負担がかなりありました。
1回くらいなら外してもなんとか立て直せるが、2回以上外すとほぼ負け。その点がこの構築の一番の弱点です。
命中安定技で構築を組むことの大切さを改めて思い知らされた大会でした。

 

何か質問等ございましたらTwitter@nokuro_pole)もしくは、コメント欄までお願いします。

 

参考サイト

Pokémon Global Link:https://3ds.pokemon-gl.com/

ポケモン対戦考察まとめWikihttp://pokemon-wiki.net/

Pokémon Showdown:http://pokemonshowdown.com/

ポケモントレーナー天国:https://pokemon-trainer.net/

【考察】プリティプリマで要注意のポケモン9選

まえがき 

f:id:nokulog:20170611145856j:plain

出典:https://3ds.pokemon-gl.com/

はじめまして。Nokuroと申します。

このところポケモンから離れていたのですが、サン・ムーンの続編、ウルトラサン・ウルトラムーンが発表され少しずつモチベーションが戻ってきた感じです。
今回は6月23〜26日に開催されるダブルバトルの変則ルール大会、『プリティプリマ』で要注意のポケモンについて書いていきます。
なお、ここで紹介するポケモンは私がSDで50戦ほど対戦して、強いと感じたポケモンです。なにはともあれ、温かい目で見てくれるとうれしいです。

それでは個別の紹介に入っていきます。

要注意ポケモン

f:id:nokulog:20170611150757p:plainベトベトン(アローラ)

・そこそこの火力、そこそこの耐久で使い勝手のいいポケモン
・弱点が一つで一撃で落とせるポケモンが少なく、くいしんぼう+2分の1回復きのみで場持ちがいい
しんかのきせき持ちが多いためはたきおとすが刺さる
・あくタイプで、いたずらごころ+おにび無効
・技は、どくづき、はたきおとす、かげうち、クリアスモッグ、ちいさくなる、まもるなど

f:id:nokulog:20170611150944p:plainポリゴン2

・高耐久のサポートポケモン
・最終進化が少なく、低火力のポケモンが多いルールなので、バトルの終盤で詰む可能性が普段よりも高い
・持ち物はしんかのきせき一択ということもあり、はたきおとす持ちが多いことが向かい風か
・技は、トリックルームじこさいせいれいとうビーム10まんボルト、トライアタック、どくどくなど

f:id:nokulog:20170611151047p:plainコータス

・このルールのトップメタ
・ほのお技が通りやすいルールなので、トリックルーム下でふんかをしているだけ勝負が決まることも
・過去作産が使えるため、だいちのちから使用可
・道具は火力アップアイテムを持っている事が多い
・技は、ふんか、ねっぷう、かえんほうしゃソーラービーム、だいちのちから、まもるなど

f:id:nokulog:20170611151238p:plainゴンベ

トリックルーム下最速のポケモン
・進化前でありながら耐久は比較的高く、低めの火力もはらだいこやのろいでカバーできる
・くいしんぼう+2分の1きのみ+リサイクルで回復も可能
ミミッキュと並べてはらだいこ+じこあんじや、トリックルーム+じばくでコータス等のトリルアタッカーに繋ぐコンボもある
・技は、はらだいこ、リサイクル、おんがえし、すてみタックル、じしん、かわらわり、じばくなど

f:id:nokulog:20170611151320p:plainポリゴンZ

・高火力の特殊アタッカー
・テクスチャーZを積まれると止めるのが難しい
・持ち物はノーマルZ、こだわりスカーフ、こだわりメガネなど
・技は、はかいこうせん、トライアタック、りんしょう、テクスチャー、10まんボルトれいとうビームシャドーボールあくのはどう、まもるなど

f:id:nokulog:20170611151419p:plainドリュウズ

・高火力物理アタッカー
・このルールで強い、ミミッキュベトベトンコータス等に強い
・かたやぶりで地面の一貫性があるためじめんZを使いやすい
・すなおこしヒポポタスと組み合わせて高速アタッカーにすることも
・持ち物は、じめんZ、いのちのたま、こだわりスカーフとつげきチョッキなどから選択
・技は、じしん、ドリルライナー、アイアンヘッドいわなだれ、まもるなど

f:id:nokulog:20170611151536p:plainシャンデラ

・特殊アタッカー、ほのお無効枠
・特性はもらい火一択
・持ち物は、こだわりスカーフきあいのタスキ、Zストーンあたりから選択する感じになりそう
・技は、ねっぷう、かえんほうしゃシャドーボールトリックルームエナジーボール、ふういん、まもるなど

f:id:nokulog:20170611151619p:plainミミッキュ

・物理アタッカー、素早さ操作
・特性のおかげで一撃で落とされることがない
コータス、ゴンベ等の組み合わせが多い
・持ち物は、メンタルハーブ、きあいのタスキ、Zストーンなど
・技は、トリックルーム、じゃれつく、シャドークロー、かげうち、つるぎのまい、まもるなど

f:id:nokulog:20170611151719p:plainカミツルギ

・このルールで使用できる数少ない準伝枠ポケモン
・炎の通りがいいルールなので無双できるわけではないが、最低限の働きはする印象
ポリゴンZ、ポリゴン2、ドリュウズミミッキュ等に役割を持つ
・持ち物は、きあいのタスキこだわりスカーフとつげきチョッキ、Zストーンなどから選択
・技は、スマートホーン、リーフブレードせいなるつるぎ、つじぎり、はっぱカッター、ハサミギロチン、みきりなど

あとがき

ここでは挙げませんでしたが、いたずらごころ持ちのポケモンはどれも安定して強いので注意しておきたいです。
悪タイプ(特にヤミラミヤミカラス)にいたずらごころが効かないため、いたずらごころポケモンを使用する際は気をつけたいですね。
また、炎技が通りやすいルールであるため、あまごい持ちもよく見かけました。コータス等を使用する際は注意が必要です。
大会までまだ時間があるので、より良い構築を考えたいと思います。

大会情報

エントリー期間:2017年6月15日(木)14:00~23日(金)8:59
大会開催期間:2017年6月23日(金)9:00~26日(月)8:59
エントリーはこちらから:https://3ds.pokemon-gl.com/

参考サイト

Pokémon Global Link:https://3ds.pokemon-gl.com/
ポケモン対戦考察まとめWikihttp://pokemon-wiki.net/
Pokémon Showdown:http://pokemonshowdown.com/